It's Yakushima island.

当店がホームグラウンドにしている屋久島というフィールド

世界自然遺産の島・屋久島

僕らのフィールド・屋久島は鹿児島から約60km離れたところに位置する離島で、標高1,000mを越える山々が切り立つ(最も高い宮之浦岳は九州最高峰で1,936m)ほぼ円形の島。
面積は約505km²で日本で9番目に大きな島であり、約90%が山岳地帯です。

そんな屋久島は1993年に世界自然遺産として登録されたのですが、この島が丸ごと世界遺産に登録されているのではなく、登録エリアは島全体の20%。
残念なことに海は登録エリアに含まれていません。

「つながり」を身近に感じられる屋久島

しかし、自然というものは森も海も川も空も生き物もすべてはつながりの中にあるものであって、決して分断され個別に存在しているものではないはずです。

よく言われるように、森と海は川を介してつながっており、豊かな森は豊かな海を育てます。
当然、豊かな森を抱える屋久島には、豊かで多様性に満ちた海が広がっています。

屋久島はこの森と海の「つながり」がとても分かりやすい形で理解でき、身近に感じられる島です。
「つながり」は屋久島の海、いや屋久島の自然全体を知るための最重要キーワードなのです。

黒潮の影響を強く受ける島

屋久島の海、そして生物相は「黒潮」の存在を抜きにしては語れません。

「黒潮」はフィリピンの東沖から流れ始め、台湾を経由し、琉球列島を避けるかのようにその西側を北に向かって流れていきます。
そして、トカラ列島付近で東に向きを変え、屋久島付近からはまた大きく北に向きを戻し、南日本の太平洋岸に向かって流れていきます。

陸上の自然も含め、屋久島はこの「黒潮」の影響を強く受けており、その海流はこの島に棲む魚たちに餌となるプランクトンや栄養をもたらすとともに、南方から様々な生き物を運んできます。

屋久島をとりまく海流とユニークな魚類相

この「黒潮」の流れは年によって、季節によって、水温によって、風によって、向きも速さもコロコロ変わり非常に複雑です。

トカラ列島を西から東に横切る際には南北2つのルートが30日から50日周期で変わることがよく知られていて、これがどちらを通るかで屋久島の魚類相にも変化が現れてきます。
北側のルートを通ると温かい海水と南の魚たちを屋久島に運んできますが、南のルートを通ると水温も下がり北の魚が勢いを増したりします。

一方で、九州本土と屋久島の間には「大隅分岐流」という海流があって、これは通常、北に向かって流れているのですが、よく真逆の南に向かって流れることがあります。
これも屋久島の魚類相に大きな変化を与えていると考えられており、主に屋久島に北の魚が入り込む原因のひとつだとされています。

こうした周辺の複雑な海流が屋久島に北の魚と南の魚が共存するユニークな魚類相や生物的、かつ遺伝的多様性をもたらしています。

琉球列島以南と一致する屋久島の生物相

一方でこの「黒潮」はものすごく速く、強大な流れであるため、通常はこの流れを挟んで南に生息する魚と北に生息する魚が往来できないと考えられていて(黒潮の障壁)、屋久島は黒潮よりも北側に位置することからも、本来この島は九州・四国などと同じ暖温帯的な魚類相であるはず。

しかし、屋久島の海に潜っていると、見られる魚たちの9割は琉球列島などで見られるような亜熱帯&熱帯に棲息するような魚たちです。

実際、2008-2009年に行われ、951 種(24 目 112 科 382 属)が記録された屋久島の魚類調査を基に屋久島の魚類種組成を調べてみたところ、琉球列島(奄美群島~八重山諸島)のそれとほぼ一致しているようです。

これには次のような理由が考えられています。

「黒潮」は屋久島付近では島の南側の沿岸にそって流れていきます。
しかし、この直前、トカラ列島付近で東に向きを変えた際にできるコーナーのところで、流れてきた多くの南方の生き物たちが、遠心力によって屋久島付近に振り落とされていく。。。

事実、屋久島では黒潮が近い南部よりも、そのコーナーから近い北部や西部の方が南方色の強い生物相が見られる事からもうなずけます。

屋久島は死滅回遊魚たちの故郷

そんな南の魚たちは屋久島まで流れ着いたあと、この温暖な海水温に育まれ、立派に成魚まで成長します。

そして繁殖を行い、次の世代へとつながっていきます。

屋久島の水中景観

そんな南の魚たちが泳ぐ屋久島の海

しかし、その景観は琉球列島や八重山諸島とは大きく異なります。
サンゴや白い砂といった南の島の典型的な景観を思い出しながら屋久島の海に潜ってみると、非常に驚かれるかもしれません。

屋久島はサンゴ礁(島の周りを造礁サンゴが囲む地形)の島ではなく、花崗岩でできた岩礁の島です。
むしろ、生物相とは逆に水中景観は、四国や紀伊半島、伊豆諸島など日本の太平洋沿岸の海とよく似ています。

そんな温帯的な水中景観の中を、南の魚たちが泳いでいる。。。
「ここはどこ?」
これまで日本の太平洋沿岸か琉球列島以南でしか潜ったことがない方はちょっと驚くかもしれません。
エキゾチックで、一風変わった雰囲気の水中景観、それが屋久島の水中環境の特徴なのです。

屋久島は死滅回遊魚たちの故郷

しかし、自然というものは森も海も川も空も生き物もすべてはつながりの中にあるものであって、決して分断され個別に存在しているものではないはずです。

当然、豊かな森のすぐ下には世界遺産級の豊かな海が広がっているのです。
「つながり」は屋久島の海、いや屋久島の自然全体を知るための最重要キーワードなのです。

  • ”屋久島は本当に魚の種類が多い。 フィッシュウォッチングに興味があるダイバーは本当にここは楽しい場所だと思います。 ビーチダイビングでこれだけ魚の種類と生態行動を見られるので、生態観察にはオススメですね。”

    Jack T. Moyer 海洋生物学者